INFORMATION

保険のプロが教える『読めば納得!火災保険選びのポイント』

火災保険を加入する際、最初に悩まれるのは補償の範囲ですが、最近の火災保険は呼び名とは違って、自然災害での補償に対して多くの保険金をお支払いしている傾向です。従って、今までの経験から極力、守備範囲の広いものを選んで下さい。何故なら昨今の事故傾向は雪害、雪による破損、台風などの風や水害の被害、ヒョウによる屋根の損害などや又はスノーダクトなどの給水管からの水濡れ損害による事故など多岐にわたった事故が多い状態です。

又、補償範囲の狭い長期の保険に加入されている方は減額をしてその差額分をワイドな保険に加入する方法があります。水濡れ損害で数千万になる事は考えにくく500万をワイドなプランに切り替えた方は当社では多くいらっしゃいます。

補償の範囲で保険料の違いは一般に思うほどありません。保険料が一番影響するのはやはり保険金額です。火災に遭われたら同じ建物を建てるのに必要な保険金額で加入している方を多く見受けられますが、しかし、現実には万が一罹災になったときに同じ大きさの建物を建てるでしょうか?建物を建てた当時は子育てなど家族構成にあわせて建物を建てたと思いますが、もし今建て替えるとしたら、例えば御夫婦二人だけの場合には同じ建物を建て替えるでしょうか?もう少し小さな建物やマンショへ引っ越しするなど今置かれている状況は色々です。保険金額は万一罹災したときに幾らくらい必要か?という観点から選ぶことをお勧めいたします。

次は地震保険に加入するかどうかですが、北海道南西沖地震、阪神淡路大震災や東日本大震災家を経験してきて地震保険の本来の性格は生活再建のための保険と認識出来ます。地震保険に加入している方と加入していない方では再建計画のスピードも立ち直り方も個人差はありますが雲泥の差がある事を見てきました。地震保険は生活再建の頭金にするための保険と考えて是非ともご加入してほしいものです。

SSL証明書の提示

※このホームページはSSL証明書による
暗号化通信で保護されています。

中古車販売店・買取店をご紹介します


ご利用可能なクレジットカードはこちらをクリック


マイページ


協力・協賛企業
日北自動車工業株式会社


有限会社アシスト


取扱保険会社
損保ジャパン日本興亜


損保ジャパン日本興亜ひまわり生命


第一生命


承認番号:SJNK17-80067
(平成29年6月21日)

PAGE TOP